[FF14] モンスターの攻撃の種類と攻略方法 

敵の攻撃の種類

ファイナルファンタジー14のモンスターやボスは様々な攻撃をしかけてきます。

ほとんどが自キャラを操作して回避しないといけない為、アクション性と反射神経、記憶力まで求められてしまう事もしばしば・・。

しかし、敵の攻撃の種類を知っているだけで攻略の難易度がグっと下がるので、こちらを参考にしてください。

 

AOE(範囲攻撃)

これが最も見かける攻撃タイプでしょう。

敵から前方や敵を中心とした周囲への範囲攻撃など様々なタイプがります。

床がオレンジ色に光ります。

その光っている部分に立っていると大ダメージを受けてしまう事が多い為、すぐにその場から立ち去る必要があります。

写真のように円型だったり扇型など様々な種類があるので、発生してから見極める必要があります。

 

床範囲攻撃

床範囲攻撃にも様々な種類があります。

基本的には各プレイヤーそれぞれに、自身のキャラクターの頭上にマーカーのようなアイコンが付きます。

この攻撃を今回は「ターゲット床範囲攻撃」と呼びましょう。

この時にさらに自分を中心とする円型のような模様が現れたら、その場合は自分を中心とする範囲攻撃が発生する合図です。

マーカーが付いたタイミングで味方を巻き添えにしないように立ち位置を調整しましょう。

この時に注意しなければならないのは、味方にも同じ攻撃が来ている時。この時はお互いを巻き込まないように位置を調整します。

難しいコンテンツだと予め逃げて散開する場所を決めている場合もあります。

他にも下の写真のように、自分を中心とした床範囲攻撃を受けた後に、更にその場に立っているとダメージが発生する「ダメージ床」が発生するものもあります。

だんだんと広がって第二派を発生させる「黒床範囲」もありますのでダメージ床を捨てる場所にも気を付け、よく見て回避しましょう。

 

視線攻撃

敵が視線攻撃をするときは必ずといっていいほど、写真のような目のアイコンが表示されます。これが出ている時は詠唱中なので攻撃の発生まで少しだけ時間があります。

その間に対策を行います。

視線攻撃の対策方法は簡単で、視線攻撃が発生するまでに視線から後ろを向くだけです。

慣れてきたら詠唱時間ギリギリまで耐えればいいですが、慣れないうちは視線攻撃を確認したらすぐに後ろを向くようにしましょう。

この視線攻撃を受けると、自身でキャラクターを操作できなくなるデバフなどが付与されたり、蛮神などでは死へ直結する事が多いので必ず避けるようにしましょう。

(激しい攻撃の途中で来ることもあるので気づきにくいときもあります。この時に活かされるのがカメラの離れた距離感です)

 

頭割り攻撃

(画像は近いうち追加予定)

画像のようにキャラクターにコントローラーの十字キーのようなマークが付きます。

この攻撃はまともに食らうと即死する攻撃ですが、このマークの付いた攻撃は他の仲間と接近することによりダメージを分配する事が出来ます(通称頭割り攻撃)

ですので、このマークが出たらすぐに全員でそのマーカー対象者の元へ集まるようにしましょう。

ボスや蛮神によってはメインタンクを省いたりすることがあるので、その場合は予習するかパーティで事前確認したほうが良いです。

基本的には皆で集合しておけば助かる事が多いです。

塔攻撃

少しわかりにくいですが、私がたっている位置に円状の床範囲と柱が立っているのが分かりますか?

これが通称「塔」と呼ばれ、戦闘中では基本的に数か所現れます。

ボスの詠唱が終わるまでにこの範囲の中に入って攻撃を受けないと、パーティ全員に大ダメージが発生してしまいます。

ですので蛮神戦などの複数人数で戦う時は、手分けして各塔に入るようにします。

気を付けなければならないのは、通常の範囲攻撃は避けなければならない事に対して「塔」は攻撃を受けなければなりません。

 

強雑魚引き離し

これはタンクやサブタンクの仕事にもなりますが、ボスや蛮神によっては強い雑魚が2匹出てくることがあります。

だいたいのパターンは、この2匹がそれぞれ近くに存在するとまともにダメージを与えられなかったり、とてつもなく大ダメージを与えてくる事がほとんどなので雑魚同士を引き離す必要があります。

ここでサブタンクが片方の雑魚を「挑発」とヘイト攻撃などで引っ張って、もう1匹から引き離します。

この時、他の攻撃ジョブの人たちも目標を出来る限り片方に集中して素早く撃破するようにします。

 

超大技

これは蛮神戦などで必ず発生する超大技です。

ここまでギミックを正常にクリアしていればこの攻撃をくらっても全滅する事はありません。ただし、ギミックを攻略できていないとここで全滅してしまいます。

蛮神で戦う時に後半戦の始まりの合図と捉えればいいでしょう。

 

鎖攻撃

(画像は近いうち追加)

鎖攻撃といってパーティ内のメンバー同士が鎖で繋がる事があります。

基本的には繋がれた者同士が離れて移動し引きちぎる事で解除できます。そのままでいるとお互いが継続してダメージを受けてしまいます。

他にもパターンがあり、今度は逆に鎖を切ってしまうと大ダメージを受けることがあるので、その時に合した判断が必要です。この場合は事前に確認するなどしましょう。

他にも各蛮神ごとの特有のギミックが存在したりもしますが、基本的にはこれらが共通して発生する事が多くあります。

関連記事

NO IMAGE

レベル上げと戦闘の練習に最適なディープダンジョン「死者の宮殿」